CATEGORY

わたしの小ぎれい料理

手軽でおいしいのはもちろん、ちょっとの工夫で「小ぎれい」に仕上げた家庭料理のラインナップ

  • 2018年11月16日
  • 2019年5月11日

洋梨とブロッコリーのサラダ

レモンが香るスイーツのようなお惣菜 一見ポテトサラダ、でも口に含んだら予想外の風味に言葉を失うこと間違いなし。そんなサプライズのメニューです。 じゃがいもに見えるものの正体は洋梨。変色を防ぐためにレモン果汁を振り、レモンの皮のすりおろしをマヨネーズに加えました。するとどうでしょう。マヨネーズが一気に […]

  • 2018年11月8日
  • 2019年7月12日

鰤と柿のカルパッチョ

個性的な素材を、八丁味噌がしっくりまとめる 今年は柿が豊作なのでしょうか、たくさん柿を食べています。多種類の食べ比べもできました。 どうやらわたしは硬めの、バリッとした歯ごたえの柿が好きだとわかりました。相棒の安田邸の庭先になった小ぶりの柿は、かなり好み。品種がわかっている売り物では「刀根柿」が筆頭 […]

  • 2018年3月23日
  • 2019年7月12日

エビと茹で野菜の甘夏マヨネーズ和え

素材に絡まる、ビタミン豊富な香りと甘酸っぱさ 前回に続いて、甘夏でもう1品ご紹介します。 シュリンプカクテルや海老マヨに代表されるように、エビとマヨネーズの取り合わせは最強。そこに甘夏の果汁が加わると、風味の華やかな料理に仕上がります。 一つのお鍋で、材料別に茹でていきます。味の薄いものから濃いもの […]

  • 2018年3月14日
  • 2019年7月12日

甘夏うどん

オレンジ色がきらめく、春の冷たいうどん 寒い日が続くかと思うと、カッと太陽が照りぐんぐんと気温が上がる日もある3月。暑い日にはふと、長らくご無沙汰をしていた冷たいうどんが食べたくなります。 ちょうど甘夏が旬。酸味がほどよく、果汁が濃厚で、皮の香りと色がよい甘夏は、ジュースやマーマレードにしても楽しめ […]

  • 2018年2月26日
  • 2019年7月12日

セリのサラダ

甘みと香りに、はちみつレモンが隠し味 国産レモンがもうすぐ品薄になる季節。次に出回る秋までレモンを持たせるために、わたしが作っておくのが「はちみつレモン」です。 煮沸消毒した保存容器に、薄く輪切りにしたレモンを入れ、レモンが隠れるまでたっぷりはちみつを注ぎます。はじめのうちはレモンが浮き、そこからカ […]

  • 2018年2月9日
  • 2019年7月12日

スパゲッティ・アッラ・カルボナーラ

生クリーム不要、ボウルでできる本場カルボナーラ 日本ではなぜか、カルボナーラといえば卵と生クリームの混ざった黄色いこってりソースを指しますが、カルボナーラの最大の特徴は仕上げにたっぷりかける挽きたての黒胡椒。イタリア語ではスパゲッティ・アッラ・カルボナーラ(炭焼き人風)と言って、炭焼き人が仕事の合間 […]

  • 2018年1月31日
  • 2019年7月12日

舞茸のポタージュ

大根ベースなら、うまみたっぷりなのに、さっぱり 寒い冬の間は、食卓にスープが欠かせません。とくにとろみのあるポタージュは、温かさが長持ちするので、冬に最適です。 でも、普通のレシピのようにバターや生クリームを使うのは、どうもカロリーが気になります。そこで思いついたのが大根でした。 大根は甘みのあるい […]

  • 2018年1月20日
  • 2019年7月12日

フキの肉巻き鍋

肉巻きにすれば、いつものお鍋がキラキラ! 作るのは簡単な鍋料理。でも気をつけないと、もっさりした見た目になりがちです。そんな鍋料理もちょっと工夫するだけで、華やかに見せることができます。今回は、その技をご紹介します。 一番のポイントは、ぐっと目を引くメインの具材を入れること。 今回は薄切りの豚肉を使 […]