「みたか座」インタビュー記事「どこまでも自由に、感性に委ねて織る。人生観を変えた『さをり織り」とは。

管理・運営:みたか地域SNS運営委員会
インタビュー・執筆:小田原澪

Webマガジン「みたか座」で小田原が担当した4本目の記事です。
井の頭公園のすぐ近く、玉川上水の遊歩道沿いに、さをり織りのアトリエ「手織工房じょうた」を構える、城達也さんからお話をうかがいました。

さをり織りは感性に従って織る、とても自由な織物です。どこから糸を変えるのか、どんな色や太さの糸にするのか、織り進めながら感性で決めていきます。城さんも、まさにさをり織りのように、とても柔軟で自由な雰囲気をまとっている方でした。

城さんの人生観を変えたさをり織り。お話をうかがうほどに、わたしも織ってみたくなりました。

記事:どこまでも自由に、感性に委ねて織る。人生観を変えた「さをり織り」とは。

***

小田原が合同会社いとへん在職中に公開した記事です。旧合同会社いとへんWEBサイトから転載しました。

最新情報をチェックしよう!